記事の詳細

実は家の近くに「LUPICIA」があることが判明し、ちょっと見に行きました。
しばらく店が入っているモールには行っていなかったけれど、去年にリニューアルしたときに新しくできたみたい。

そこで、これまでも飲んでおいしかったフレーバードティーの「ダルマ」を買いました。
それも缶のパッケージが受験用になっていたので、つい。ダルマの右目に目が入れられると良いのだけれど。

なお、ダルマは禅宗の開祖と言われる「達磨大師」がモデルですが、12世紀に禅僧の栄西が日本に茶をもたらし『喫茶養生記』を記しています。つまりお茶と禅宗、達磨とは関係があるんですね。なお、達磨大師は南インドの王子様だったようで、お茶の産地生まれで、お茶にまつわる伝説もあるとか。
詳細は「LUPICIA」のWebに載っていました。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あわせて読みたい

ページ上部へ戻る