記事の詳細

「休日お出かけパス」昨日、周遊きっぷのエリアが半減される残念な話題を取り上げたのですが、首都圏では「休日お出かけパス」が発売されることが発表されました。

これは現在の「ホリデーパス」がリニューアルされる企画切符で、価格が少し高くなりますが、利用できるエリアが広がるのが特徴のようです。
具体的にはこれまで「ホリデーパス」が大人2300円、小人1150円だったのに対して、「休日お出かけパス」では大人2600円、小人1300円と300円高くなります。
利用できるエリアは、東海道線では平塚までだったものが小田原まで、内房線では木更津までだったものが、君津や上総亀山まで可能になります。
北では小山までが足利・自治医大、熊谷までが神保原まで広がります。

最近、コロプラにあわせて、ちょっとお出かけをする機会もちょくちょくあるのですが、お土産集めなども考えると行ける範囲が広がって面白くなりそうです。
これまで通り、東京モノレールや臨海高速鉄道にも乗れますから、お台場や羽田に遊びに行く場合にもつかえます。
ちょっと変わったところでは、 特急券が必要ですが、新幹線で本庄早稲田にいけるところです。
これまでの「ホリデーパス」が新幹線を想定していなかったので、この部分は面白いのですが、JR東海にかけあって小田原までの新幹線に対応して欲しかったですね。

でも、いずれにしても首都圏のお出かけにはおもしろいきっぷになりそうです。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あわせて読みたい

ページ上部へ戻る