記事の詳細

JR周遊きっぷJRグループは、2月10日に周遊きっぷのエリアを現在の32から19減らして13にすると発表しました。
それによると、3月末で北海道、四国、九州などの周遊きっぷが廃止されます。
東海エリアは唯一の周遊きっぷであった「飛騨・奥飛騨」が廃止されて、全廃になってしまいます。JR東日本はすでに「東京」だけしかないのですが、これは残されます。

周遊きっぷは国鉄が民営化されて、それまでの「ワイド・ミニ周遊券」にかわって出てきた商品ですが、今回JRによれば「お客様のご利用状況を踏まえ」て廃止するのだそうです。
需要がないので廃止するのはやむを得ないと考えるのもありますが、これまでは指定されたエリアに出かけていくつかの観光地などを回る場合にはとても便利なきっぷであったのは間違いないと思います。そして、需要を喚起する面もあったはずです。JRグループもこれにかわってさらなる需要喚起の商品を出してくれると嬉しいのですが、ますます鉄道離れをおこしてしまわないかと、鉄ちゃんとしては残念な気持ちです。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あわせて読みたい

ページ上部へ戻る