記事の詳細

このサイトの記事はあまり多くないのですが、Coreserverでの負荷のことや速度を考えてキャッシュを考えました。Wordpress Wordpressでは「WP Super Cache」というのが使われているようだとわかり、早速インストールしてみました。

インストールそのものは、プラグインのインストールで簡単にできました。
しかしCoreserverではおなじみですが、セーフモードのおかげでフォルダやファイルの所有者が変わってしまうので、その問題が指摘されます。
まあ、フォルダを作ってしまえばと思い、適当にフォルダを作るとキャッシュファイルらしきものも作られ、WP Super Cacheの設定でも、確かにキャッシュが作られている感じです。
該当記事をリロードしてみたのですが、あまり早くなった気はしません。小さなページだけでは負荷も変わったように見えません。
小さいことの積み重ねなのかなと思ったりしながら。

ところが、いろいろとネットをみていたらWP Super CacheとKtai Styleを併用すると、携帯での表示がおかしくなるとの記事を見かけました。
自分がスマホにしてしまったので、すぐに気がつかなかったので、家族の形態で見てみると、文字化けが起こっています。
携帯はShift-JISにしなければいけないのに、キャッシュは文字コード変換をしていなからだろうと思い、これはキャッシュはやめるかと思いました。

ところが、併用する方法があるとのことで、いくつかのサイトを見つけました。
WP Super Cacheには、Ktai Styleの時にキャッシュを除外するプラグインがあるらしく、それを適用しなければならないようだと書いてありました。
最初、そのファイルがどこにあるか分からずにバージョンによって違うのかなと思いながらみたら、プラグインフォルダにファイルがあったので、コピーしてみました。
すると、WP Super Cacheの設定にKtai Styleのプラグインが表示されたので、その機能をオンにしてみました。
記事は文字がちゃんと見えるようになりましたが、何故かTOPぺーじだけ文字化けします。
キャッシュを消したり、Cookieなどを消したりしてみましたが、うまくいきません。

そんな時、「CORESERVERとWP Super CacheとKtai Style」 なる記事を見つけました。
これだと思ってみると、先ほどのプラグインファイルは使用せずにUserAgentで除外する旨が書いてあります。
なるほどと思って試してみたのですが、携帯でPCの表示がそのまま出てしまいました。
どこかで順序を間違えたのかも知れないのですが、半ばあきらめていたところ、先ほどの記事からリンクが…
WP Super CacheとKtai Styleを併用する方法」 を見つけました。

そこで、キャッシュファイルを削除し、双方のプラグインの機能を一度外し、
UserAgentに除外するリストを加えて、
それぞれのプラグインを有効化し、
WP Super Cacheの中の「モバイル機器サポート」機能をONにして、
アクセスしてみたら、なんと携帯で正常に表示されます。
ちゃんとキャッシュも作られますが、表示は正常で、「WPtouch」の方も大丈夫でした。

CORESERVERなので、適宜 「ツール」の「ファイル所有者の修正」機能を使い続けないといけませんが、キャッシュファイルはちゃんと作られるようになります。
記事が少ないのでまだまだ効果は少ないかも知れませんが、どうにか求める状態にすることができました。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あわせて読みたい

ページ上部へ戻る