記事の詳細

先日インストールしてみたGeeklogにTinyMCEエディタをインストールしてみました。
TinyMCEはJavaScriptを使用したWYSIWYGエディタで、他のCMSでも利用できるものがあるので、同じ環境にした方が良いかと思いました。
また、「Geeklog 1.8.1で活用できるアドオン」というページでも紹介されており、現在のバージョンでも動作するようだし、お勧めのようなので入れてみようかと思いました。

さて、インストールの方法ですが、

  • Geeklog増殖計画ページからTinyMCEプラグインをダウンロードする。
  • Geeklogのプラグイン管理ページの最下部で「ファイルを選択」し、「アップロード」ボタンをクリックする。
  • ファイルがアップロードされ、自動でインストールされます。そして、プラグイン管理画面で有効になっていました。
  • 記事の編集画面を見てみるとTinyMCEの画面になっていました。
と、簡単にプラグインを入れることができます。
ただし、Downloadプラグインは何故かエラーになるようで、気をつけてみたいと思います。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あわせて読みたい

ページ上部へ戻る