記事の詳細

WordpressWordPressが3.3.1-jaに更新されました。更新するにあたってDBなどをバックアップしておいた方が良いかと考え、検索したところWP-DBManagerが良いというWebが多く見られました。そこで、さっそく導入してみることにしました。

しかし、どうもいつものごとくCoreserverであることによる制限があるようで、うまく稼働しませんでした。そこでいろいろ書かれているWebを参考にメモを残しておくことにしました。

  • 「Your backup folder MIGHT be visible to the public」という赤いエラーメッセージがプラグインメニューに表示される。
  • /wp-content/plugin/wp-dbmanagerにあるhtaccess.txtファイルを/wp-content/backup-dbの下に「.htaccess」という名前でコピーする。
  • /wp-content/backup-db/の属性を707に変更する。
これでとりあえず最初のエラーメッセージが消える。
  • ダッシュボードにDatabaseというメニューが表示されるようになったので、「DB Options」をクリックして設定画面に移行する。
  • Path To mysqldump: に /usr/local/mysql/bin/mysqldump を入力する。
  • Path To mysql: に /usr/local/mysql/bin/mysql と入力する。
これでバックアップができると思ったら、「Backup DB」メニューにはそれぞれのパスが見つからないとエラーが表示される。
  • ウェブサイトのルートディレクトリにある .htaccess に以下を追記する。

<files admin.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

最初はこの「.htaccess」ファイルをルートディレクトリではなく/wp-admin/フォルダに置いたりしたためうまく動きませんでした。ルートディレクトリにしたところ、すべてのエラーが消えて、バックアップができるようになりました。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あわせて読みたい

ページ上部へ戻る